通信制高校の基礎知識

通信制高校は、通信による教育を主体としている高校です。基本的に3年間以上の在籍期間と74単位の修得、特別活動(ホームルームや体育祭、修学旅行などの行事)30単位の修得の3つの条件を満たすことで卒業することができます。編入や転入前の学校での在籍期間や修得単位を含めることができます。全日制や定時制と同じように高校卒業資格を得ることができ、大学などへ進学することや最終学歴を高校卒業とすることができます。

通信制高校で多く採用されている単位制について

通信制高校では単位制を採用している学校が多いです。単位制では各科目ごとに用意された教材を用いて学習し、定期的にレポートを提出、スクーリングと呼ばれる面接指導(登校日(学校によって日数や頻度は異なる)に自宅学習でわからないところなどを直接指導してもらう)を経て、単位認定試験を受け合格することで単位を修得することができます。学年ごとに修得しなければならない単位が決まっている学年制と違って、修得できなかった単位があっても次学年(あるいは卒業まで)で修得できればいいので、自分のペースで勉強できます。また全日制や定時制の高校より自由に使える時間が多く、仕事や趣味などに時間を多く割くことができます。

通信制高校で得られる資格

通信制高校ではまず高校卒業資格を得ることができ、その他に学校によっては学科やコースを設けている場合があるので、それに応じた資格を得ることもできます。また技能連携校という制度もあります。これは広域通信制高等学校と高等専修学校に同時入学しますが、高等専修学校で修得した単位も通信制高校の卒業に必要な単位数として認められるので、専門的な技術を同時に無理なく学ぶことができ、資格を得ることもできます。

通信制高校を埼玉で探す場合、インターネットではいくつかの学校が見つかります。資料請求や事前の見学を行なって希望に合った学校を見つけましょう。