心理学部や心理学科を探す

基礎から体系的に心理学を学ぶためのオーソドックスな方法は、大学へ入ることです。その中でも、「心理」と名の付く学部や学科を選べば、心理学全般を学ぶことができます。

心理学と一口に言っても、その分野は多岐にわたります。臨床心理学、社会心理学、教育心理学、産業心理学、などなど、応用心理学の範囲は様々ありますので、自分がどの方面の心理学を学びたいかによって大学選びを考えると良いでしょう。その分野の専門性の高い先生がいるかどうかによって、学びも変わってきます。どのような内容を学べるのか、どのような先生がいるのかチェックすることも、大学選びのポイントになります。

文学部や教育学部でも心理学を専攻できる

「心理学」という名前がついていなくても、心理学を専攻できる学科も多数存在しています。心理学部や心理学科に比べて、基礎心理学の授業が充実していないことが多いものの、自分の専攻分野として学べる環境になっています。しっかりと自分のものにしたければ、ある程度の基礎心理学は、参考書などを使って自分なりにカバーすると良いでしょう。

他分野を専攻しても、心理学を学ぶことができる

心理学と全く違う学部や学科に在籍をしていても、心理学のさわりを学ぶことはできます。大学には、全学部全学科共通の科目がありますので、その中にいくつかある心理学関連の授業を受講すると良いでしょう。

「じっくり学びたいわけではないが、どういうものか興味がある」という場合には、これらの授業を活用してみるのも手です。心理学の入り口に触れることで、新たな興味がわいてきたり、自分の学びたい方向性がはっきりとしてくるかもしれませんね。

心理学の大学に入学して、様々な観点から学ぶ事ができます。事前に資料を取り寄せて、入学の有無を検討する方法も可能です。

社会福祉士を通信を読む