代理店方式のメリットとデメリット

かつては自動車保険に加入する際は代理店方式が一般的でした。自動車保険に加入するきっかけはほとんどが自動車を購入するときです。そうなりますと、自ずと車の販売業者から勧められて自動車保険に加入することになります。そのほかには親せきや知り合いからの紹介というルートもあります。どちらにしても代理店の人を経由して保険に加入するのが一般的でした。
代理店方式のメリットは丁寧な説明に尽きます。対面で直接説明してくれますのでとてもわかりやすく理解できます。反対にデメリットは保険料が高くなることです。代理店への手数料が発生しますのでその分保険料が高くなります。

ネット方式のメリットとデメリット

先に説明しましたように、自動車保険は代理店方式が一般的でした。ネット方式が登場したのは保険の自由化が実施されてからです。保険の自由化により保険料の自由化も進められました。自由化される前は「護送船団方式」という考えで保険業界は運営されていました。簡単に言ってしまいますと、どこの保険会社に加入しても保険料は同じだったのです。それが自由化により保険会社ごとに保険料が違うようになっています。
こうした背景もありネット方式は登場しています。あと一つ忘れていなけいないことはインターネットの普及です。この技術の進歩がなければ保険加入の際にネット方式が普及することもなかったでしょう。
ネット方式の一番のメリットは保険料が安いことです。代理店へ支払う中間マージンが発生しませんので、その分を安くすることが可能だからです。デメリットをあげますと、保険についてある程度知識がある人でないと不安を感じることです。やはり対面で説明を受けませんと、不安になるものです。

自動車保険の保険料は、複数の要素から算出されるので、その時々によって値段が変動することも少なくありません。保険会社やプランを比較し、より自分に合った保険を見つけることが大切になります。